<   2006年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2006年 06月 30日

カンボク

b0099877_19252546.jpg

b0099877_19232984.jpg

b0099877_19263713.jpg
 カンボクの葉

 三裂している


b0099877_1929636.jpg
 オオカメノキの葉




道道室蘭環状線の石川町付近の路傍に、白い花が目をひく低木が何ヶ所かにある。
カンボク(肝木)です、なまえの由来は分かりません。
アジサイやオオカメノキに似た花ですが、葉の先が三つに分かれているのが特徴です。
                    ・・・撮影 室蘭神代町・・・

by tkumaso | 2006-06-30 19:50
2006年 06月 29日

ホオノキ

b0099877_11373142.jpg

b0099877_1138355.jpg

ホオノキ(朴の木)の花。
職場の近くの森でホウノキの花が咲いた、ホオノキの白い大きな花は香りが強く、ホウノキのまわりに、芳香を放っている。
                    ・・・撮影 室蘭 神代町・・・

by tkumaso | 2006-06-29 11:58
2006年 06月 28日

サイハイラン

b0099877_138068.jpg

b0099877_1383078.jpg

薄暗い林の中で、笹に紛れて咲いている、赤みがかった薄紫の花の群生を発見!
サイハイラン(采配蘭)である。
花の形が戦国時代に戦場で武将が士卒の指揮に用いた「采配」に見立てて命名 されたそうです。
そういえば、「サイハイを振る」という言葉がありますネ。
                    ・・・撮影 室蘭 石川町・・・

by tkumaso | 2006-06-28 13:26
2006年 06月 27日

ミズキ

先日、陣屋町の道道を通行中、白い花を沢山つけた喬木を見て通り過ぎたが、Uターンして戻りカメラに収めた。
b0099877_15175325.jpg

b0099877_15184113.jpg

ミズキ(水木)樹高が10メートル以上になる喬木である、なまえの由来は枝や幹に水分を多く含んでいることから付いた。
枝は赤くすべすべしているので、「まゆ玉の木」として知られる。
私が、少年のころは、どこの家庭でも、お正月には神棚の前に、手の平を広げたようなミズキの枝に餅を丸めてつけた繭玉を飾っていたことを懐かしく思い出します。
                       ・・・6月20日 撮影・・・

by tkumaso | 2006-06-27 15:38
2006年 06月 26日

タニウツギ

b0099877_20464088.jpg

b0099877_20472147.jpg

タニウツギ(谷空木)のラッパ状の花が満開!! 
なまえの由来は、枝や幹が空洞で谷に多く自生しているから。
                        ・・・八丁平にて・・・ 

by tkumaso | 2006-06-26 21:08
2006年 06月 25日

虎杖浜の海岸にて

所属する団体の総会が虎杖浜のホテルであったので、虎杖浜の前浜に立ち寄った。
砂浜には、ハマエンドウ、ハマヒルガオ、その他なまえ不明の黄色い花が咲いていた。

ハマヒルガオ
b0099877_20102030.jpg


b0099877_20124088.jpg
黄色い花(1)

なまえ不詳 草丈八十センチくらい。

b0099877_20143458.jpg


b0099877_20322798.jpg
黄色い花(2)

なまえ不詳 草丈低い、地面すれすれに花が咲いていた。

b0099877_2038345.jpg

なまえ検索の結果   (6月26日 追加)
黄色い花(1) ブタナ 別名タンポポモドキのようです。
黄色い花(2) ハマニガナ(浜苦菜)と判明。 

by tkumaso | 2006-06-25 20:39
2006年 06月 24日

夕方の亀田公園

フジ
b0099877_19594512.jpg

b0099877_2082995.jpg

亀田記念公園のフジのトンネルを見に行ったが、まだ五分咲きだったので、別の藤棚のフジを写した・・・

ヤマブキショウマ
b0099877_20135582.jpg

b0099877_20142254.jpg

ほの暗い樹下に、ヤマブキショウマ(山吹升麻)の細い穂咲きの白い花が目立っていた。

キショウブ
b0099877_20261190.jpg

b0099877_20264565.jpg

公園内の、あやめ園にキショウブ(黄菖蒲)が満開だった。

by tkumaso | 2006-06-24 20:40
2006年 06月 23日

ヒレハリソウ

b0099877_2013627.jpg

なまえは、ヒレハリソウ(鰭玻璃草)というが、コンフリーという呼び名の方が有名である、健康食品として大ブームになった時期があり、その時栽培したものが野生化したのだそうです。
八丁平の路傍にて。

by tkumaso | 2006-06-23 20:20
2006年 06月 22日

イタンキ浜を、見下ろす丘にて

私の、ブログの師匠O氏がブログ「気ままな花あろき」にイタンキの花情報をアップされたので、早速午後から現場を訪れた。
b0099877_20553795.jpg

b0099877_20565974.jpg

イタンキ浜を見下ろす名門コース、元イタンキゴルフ場のフェアウエーに、点々とエゾキスゲ(蝦夷黄萓)が咲いていた。
エゾキスゲエゾカンゾウの違いはエゾキスゲは、夕方から咲き出し翌日昼ころまでにしぼみ、エゾカンゾウは朝から咲き夕方にはしぼむそうですが、私には見分けがつかない。
b0099877_21135846.jpg

b0099877_21144445.jpg

なまえ不詳の黄色い花と、天を突く山草が目に付いた。
☆ オオダイコンソウ


by tkumaso | 2006-06-22 21:19
2006年 06月 21日

エゾカンゾウ

b0099877_19125399.jpg

b0099877_19132668.jpg

望洋台スキー場跡地付近の笹やぶに、ひっそり自生している
数株のエゾカンゾウ(蝦夷甘草)を発見!。

by tkumaso | 2006-06-21 19:22